早期発見が大切?糖尿病の治療法と薬物治療の効果【Dentistry】
HOME>オススメ情報>早期発見が大切?糖尿病の治療法と薬物治療の効果

糖尿病は恐ろしい病気

糖尿病は恐ろしい病気なのを知っていますか?普通に生活していると問題無く感じますが治療せずにそのままにしていると様々な合併症を引き起こします。糖尿病になってしまうと病気になっても治りが遅く傷口から感染し気がついた時には手遅れになっているというケースもあります。予備軍と言われた人や糖尿病と診断された人は早めに治療を受けるようにしましょう。

糖尿病の合併症の種類

  • 網膜症
  • 神経障害
  • 腎症
  • 動脈硬化
  • 腎症
  • 動脈硬化
  • 歯周病

糖尿病患者への治療法

女医

病院の健康診断などで糖尿病予備軍、もしくは糖尿病と診断されるパターンには肥満の人が多い傾向があります。肥満の人はご飯をつい多く食べ過ぎたりお酒をたくさん飲んでしまう傾向があります。糖尿病になる原因には、暴飲暴食が関係しています。過剰に糖分や栄養分を摂りすぎてしまうと体にとても負担をかけてしまうので抑制する必要があります。糖尿病患者の治療法には食事療法というものがあります。食事療法は、医師から一日に摂るカロリー摂取量を抑えるよう言われます。一般的には一日の摂取カロリーを1600kcal以内にするように医師は指導する事が多いです。

薬物療法の薬物効果

カウンセリング

糖尿病患者の治療法としてよく聞くのはインスリン注射ですよね?その他にも糖尿病患者に処方される薬はあるので覚えておきましょう。一つはスルフォニル尿素薬です。この薬は服用するとすい臓を刺激しインスリンの分泌を高める作用があります。血糖を下げる為にはインスリンが不可欠です。ですが、元々すい臓の機能が低下している場合は、この薬はあまり効果が出ないマイナス要素もあります。他には、aーグルコシダーゼ阻害薬というものがあります。この薬は食後の血糖値上昇を抑制する働きがあります。この薬は食事をする前に服用する必要があります。

糖尿病にならないようにする為に

点滴

糖尿病になる原因には日々の生活習慣が関係しています。暴飲暴食やストレスを溜め過ぎたり、運動をせず家でダラダラしていたりしているとなってしまう可能性があります。このような習慣を繰り返している人は、自分の毎日の生活を見直す事で病気になるリスクを減らす事ができます。

広告募集中